FC2ブログ
■16日 お野菜トントン
​    色んな色、形のお野菜がでてくるよ。
    まずはトマトはトントントン という手遊び
    トマト、キャベツ、きゅーり、大根、かぼちゃ、ニンジン、
    ピーマン、白菜、、、
    それぞれの言葉にあった手のふりがあります。

トマトイラストキャベツイラスト
きゅうりイラスト1
かぼちゃイラスト

  もう一つはきらりんでは初公開の
   私のオリジナル曲「ぐーちょきお野菜」です
    
    ぐーの形(丸いとか、固いとか)のお野菜は何だろうね?
    ちょきの形(細い、長いなど)のお野菜は何だろうね?
    ぱーの形(平たい、薄い、など)のお野菜は何だろうね?
    
    お野菜をみんなの知っているじゃんけんのぐーちょきぱーの形に
    見立ててそれぞれを歌います。
    たまねぎ村ではこれをペープサートを使いながら歌います。
    youtubeの動画もありますよ
    

■30日 山の音楽家
    森の動物さんが弦・管・打楽器を演奏するうたです。
​    実際に楽器に触って音をだしてみましょう。
IMG_20170304_022417.jpg IMG_20170304_022454.jpg

IMG_20170304_022445.jpg IMG_20170304_022429.jpg
IMG_20170304_022504.jpg




スポンサーサイト
赤鬼 人形

本来日本の大切な季節行事である節分。

でも小さな子どもたちは鬼の顔を怖がって泣く子もいます。

でも鬼は怖くないと意味がないなーとも思い、節分のプログラムは
いつも試行錯誤です。

今回は昔ドイツで買った赤鬼の人形を使うことにしました。
実はこの人形があること忘れていたのでした(-_-;)

もう20数年前、西ドイツに楽器デモンストレーターとして1ヶ月旅回りを
していた時、小さな田舎町のショーウィンドーに飾ってあって、即買いしたのでした。

ドイツでは鬼という概念がないでしょうから、きっとデビルとかかな?思います。

買った人形を袋のままホテルの部屋のボストンバックの上においておいたら、
外出後戻ってきたら、ベットに赤鬼ちゃんが寝ていました。

きっとベットメイキングのおばちゃんがやってくれたのだと思いますが、
白いカバーの上に赤い鬼がチョコンといる姿が
すごく可愛かったのを覚えています (#^.^#)

この写真の赤鬼ちゃんは本来眉毛がありません。

節分のプログラムは「表情」や「感情」も一緒にテーマにしています。

泣いたり、怒ったりする表情は眉毛を動かすと表現しやすいので、
赤鬼ちゃんに黒いフエルトで眉毛をつけました。

赤鬼笑顔

眉毛は一方だけ止めて、動くようにしておきます。

怒った顔は眉毛を上に突き上げて。。
赤鬼怒った顔

泣いた顔は眉毛を下げて。。
赤鬼泣いた顔

そして、もう一体の眉毛の動く人形も用意してちょっとした劇をやります。

------------------------------------------
鬼さんはね、みんなの心の中にいるんだよ。
(人形の後ろに鬼を潜ませます。)
人形 笑顔


怒りんぼ鬼になって心の中に入ると、みんなも怒りんぼになるんだね。
赤鬼怒った顔 → 人形 怒っている 怖い 顔


泣き虫鬼が心に入ると、みんなも泣き虫になっちゃうんだよ。
赤鬼泣いた顔 → 人形 泣いている 顔



そんなの嫌だから、お豆をぶつけて鬼を追い出しちゃおうね!

鬼は外~! 福は内~!

痛いよー痛いよー と言いながら鬼は逃げていく

ジャンジャン!

。。。みたいな進行でお友達役のお人形も登場して
寸劇をしてみた後、実際にボールや新聞紙ボールを
投げたり転がしたりしながら
鬼の絵を倒して遊びます。

歌は
まめまき や 手をたたきましょう を歌います。

手をたたきましょう は 後半に笑いましょう、怒りましょ、泣きましょが
出てきてピッタリの曲ですね!(^^)!











クリスマスの楽器は今までマラカスでしたが何年も使ううち汚くなってきて
新しいものをと考えた時に、スプーンに鈴をつければ赤ちゃんでも
持てるなと思い、
それならお顔を描いてサンタさんにしようと思いつきました。

最初、折り紙でサンタの帽子や洋服を作っていましたが、
http://www.origami-club.com/xmas/

折り紙も何年かすればボロボロになります。

凝り性の私は、作るならばちゃんと布で作ろうと思い、
週末1日中針仕事をしていました。

スプーンは100均の16本入り。
鈴は100均の20個入り。
鈴につけるゴムも100均。
赤い布は自宅にあったもの。
フチの白い部分はフエルトにしました(これまた100均)

さて、これをどう見せるか?ですが、
最初からサンタ鈴になっていても面白くないので、
皆で作れるようバラバラにしました。

サンタさんのプレゼントの中から
「あれれ~?たくさん入ってるよー」
と言いながら
「10人のインディアン」(Ten Little Indians)の替歌で
歌い始めると、
子どもたちは食いついて見ています。

数え方は、それぞれの状況で変えてください。

歌い終わったら、装着の方法を教えてあげて
子ども達に渡して、お母さんに手伝ってもらいます。

サンタ鈴が終わったら楽しくて軽快なクリスマスソングを
鈴を鳴らせば大喜びです。

それでは、よいクリスマスを!


英語教室や巷のお店はハロウィンで盛り上がっていますね。

ハロウィンは恵方巻と同様、ごく最近身近で流行り出した出来事という認識で
私自身はあまりピンとこない行事です(*^_^*)

でも、英語のプログラムを手伝ったりすると楽しいし、子どもも喜ぶので

私のリトミックでも「おばけ」を題材にすることにしました。

おばけの季節といえば「夏」なのかもしれませんが、
夏のお化けは怖いイメージですよね。

短調を弾いただけでも、または暗い顔や渋い顔をして歌っただけでも
硬直したり泣いたりする、感受性の強い子どもも多いので、
おばけを扱うときも、なるべく怖くなくしようと思います。

まずは白い布に目と口をつけました。
白い布に目、口をつけました

指には何か指人形を付けて、その上におばけ布を被せます。
指人形矢印赤→お化けの指人形

そしてこんな歌を考えました(*^_^*)

****************************************************************
おばけがポン!(たまごをポン!の替歌)

1.おばけがポン! おばけがポン! おばけがポン! と現れて 
        (ポンのタイミングでおばけが登場 右手、左手、両手という感じで)
  みんなをおどかし さようなら
        (さようならで退場)

   英語ではね、おばけが出るときにはBoo!と言うんだって
2.おばけがBoo! おばけがBoo! おばけがBoo!  と現れて
  お菓子をもらって さようなら

        (さようならで退場)

   おばけにも色々あるんだって~
3.おばけがニョロニョロ おばけがモジャモジャ おばけがポヨン と現れて
  みんなと遊んで さようなら

         (白布だけではなく、他のお化けも見せる。ニョロやモジャの表現は
          お手持ちのおばけの特徴を)

4.おばけがあれ? おばけがあれ? おばけがあれ? と消えちゃって
  あちこち探して ここにいた~!

                 (あれ?のところでは、指人形をはずして指だけ見せる。
                  探した後、ここにいた~で、沢山のおばけ指人形を
                  見つける)

  お化け人形をママたちにもしてもらう。
  下の指人形は子どもに見えないように注意してもらう

5.おばけがバー おばけがバー おばけがバー と現れて
  洋服脱いだら お友達

          (お友達の所で布を取って下の指人形を見せる)

  さあ、ママたちのところにいるおばけもバーって見せてもらおう。

  (ママたちは順番におばけがバーと言いながら、布を取ってもらう。
   下にいた指人形を皆に見せる)

           3番は省略可
**************************************************************************

たまごをポン! の歌を知らないママがいる場合は
まずはこの手遊び歌からやったほうがいいかもしれませんね。

=========================================================================
たまごをぽん!

1.たまごをぽん! たまごをぽん! たまごをぽん! と割りまして
  そのまま食べたら 生卵

2.たまごをぽん! たまごをぽん! たまごをぽん! と割りまして
  じゅーじゅー焼いたら 目玉焼き

3.たまごをぽん! たまごをぽん! たまごをぽん! と割りまして
  くるくる巻いたら 玉子焼き

4.たまごをあれ? たまごをあれ? たまごをあれ? と割らないで
  コトコトゆでたら ゆでたまご

5.たまごをぽん! たまごをぽん! たまごをぽん! と割りまして
  ふっくら焼いたら ホットケーキ

                             私は5番は省略しています
========================================================================





去年から始めた「穴」がテーマの遊び。
くまちゃん穴に入る


もともとはオリジナル曲「穴の歌」を作りながら
人間の性(さが)として「穴」って深いテーマだなと思っていました。


本能で生きてる子ども時代に遊びの中に「穴」を取り入れてみたら
指を突っ込んだり、覗いてみたり、中に入ってみたり、怖がったり、、、
喜ぶだろうな~ということから
小さな穴から大きな穴まで用意して30分間遊びます。

まずは覗きコップを作りました。
覗きコップ

穴の周りにモジャモジャをつけて一見では中がわからないようにしました。
指をつっこんで穴を広げ、覗いてみると。。。
コップを覗くと何が見える2

コップを覗くと何が見える1

そして覗くといえば万華鏡。
子どもは上手に覗けないかもしれないけれど、大人は面白がるでしょう。
普通の万華鏡もありますが、今回作った3D万華鏡!
これについては次のブログで詳しく書きます。


次に穴通し? 紐通し? を作りました。

トイレットペーパーの芯を少し小さめにしてフィルムケースぐらいに。
紐は我が家は毛糸が沢山あるのでそれを使うことに。
普通の鎖編みでは細すぎるので
えび編みというので太いのを作りました。
カラー紐(えび編み)と筒

カラー紐(えび編み)と筒、紐通し状態

それぞれが紐を通して遊んだら、そのまま全員の紐を結んで大きな輪にして
筒を移動させて遊ぼうと思います。

ここでは筒を電車に見立てて、「汽車ポッポ」とか「線路は続くよ」などを
演奏するのがいいと思います。

ところどころに大きめの筒を混ぜると、電車がトンネルに入ったように
見えて面白いでしょう。


穴はどんどん大きくなっていき、段ボールの底をぬいて
くぐれるようにしたり、

最後はフラフープに布を巻いて作ったおおきなトンネル!!
(一番最初の画像)

私がここに入って変身したり、子どもに潜らせたりします!
嫌がる子どもには、「いないいないば~!」で遊ぶといいでしょう。