FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はプチ鹿島さんがフェイスブックで告知していた

松本ハウスの出版記念トークライブを新宿の有名なライブハウス

「ロフトプラスワン」でやるというので、私の憧れの場所だったので

行ってみました!!

松本ハウスはボキャブラ天国という20年ぐらい前のフジテレビの番組で

よく見かけた漫才コンビで、でもその一人が当時から統合失調症で

苦しんでいたという話。

KIMG0429.jpg

当時は気持ち悪いコンビという印象しかなかったけれど、

鹿島さんのおすすめだし、行ってみたのでした。

そうしたら、意外にも面白くて、話も感動して泣いてしまいました!!

KIMG0429.jpg


私が「泣く」という過敏な反応をするのは、

きっと昔、精神を病んだ家族がいたことが原因だと思います。

人ごととは思えない。。 よくここまで回復したね!

おめでとう! 松本キックさんありがとう!!

みたいな、昨日初めてみた漫才コンビを親類みたいに

感じちゃったのかもしれない。。 感化されやすい私。。

スポンサーサイト
息子二人を福島の田舎に預けた後、私は約2週間の自由時間が

できました

最近私は「東京ポッド許可局」の話題にかなり影響されていて

トークの中に出てくる「落語」には、前々から是非一度寄席に行ってみたいと

思っていました。

調べてみると、我が家から行き易い所に、4寄席があることがわかり、

そのうちの一つ「上野広小路亭」の「立川流」の寄席に行ってみました。

上野広小路亭

行ってみるとお客様は10名ぐらい。ちょっとさびしい。。

けれど、次々に出てくる落語家さんは、それぞれの個性を表現して

お客様を楽しませてくれました。

まずは最初のお客のつかみ、その場の臨機応変力は私の仕事にも関係するし、

見ていて勉強になります。

言葉を間違えたりつっかえたりするのは、やっぱり若い人に多くて、

安心感のある喋りはベテランで、それだけ多く練習をしているってことだなと。

でも、後で調べたら、そのベテラン中年の落語家さんが私より若かったりして、

ショックでした。。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。