FC2ブログ


脚本:得田之久  絵:和歌山静子
制作:童心社

サークルで読み聞かせる紙芝居を図書館で探していました。

偶然このお話を見つけて読んでいるうちに、

このお話が歌詞のように作られていることに気がつきました。

話の展開が歌詞の1番2番3番のようで、

その語句も揃っていて、とてもリズミカル

そして最後の「ぴょん!」が絶対子どもが喜ぶな~と  (#^.^#)

最初は普通に読んで、次にメロディつきで歌って、次に子どもたちも参加させて
ぴょん!をやります。

子どもたちは、きっと読んでいる時から「ぴょん!」がくるのを待ちきれなくなっているでしょう。。

これが終わったら新聞紙で棒や輪っかをつくって「ぴょんぴょんごっこ」をやるもよし、
即時反応でピアノに合わせてジャンプするのもよし、、

きっと楽しい時間になると思います。




スポンサーサイト