FC2ブログ
シモシュコンサート2
さて、先日シモシュさんのコンサートにお友達に誘われて行ってきました。

同業者のそういうのは、ちょっと苦手意識があります。

批判的な耳で聴いてしまうので荒探しをしたり、自分と比べてどうか、
上手かったら落ち込み、下手だったら得意になり、、、

結局いやな自分を感じることになると思っていたからです。

今回はそれがなかったのです。

なんででしょう。。。

まずは演奏上手! 考え抜かれた作曲! 弾き姿が美しい! 
お喋り上手! かもしだす雰囲気が明るくて楽しい!

そしてピアノ愛。 ご自分のピアノを会場に持ち込むとか、
ピアノに名前を付けるとか、
そのピアノに出会うまでに何度も楽器店めぐりをしていたとか、、、

私は一切ないことだなーー。

即興も弾かれていました。
よく思うことは、クラシックから来た人と、ジャズから来た人の
即興の音の選び方や弾き方が違うなってことです。
シモシュさんはクラシック系でした。

そしてなにより、キャリアが違う。
若い時からずーーーっとピアノを愛し、作曲や現場に携わってきたことの
経験値が違う。

その辺はため息が出ます。

演目の一番好きだったのは2部の「ワルツ」です。
軽めに弾いてみえて、コード進行とか構成がすごく凝っていました。
技術も、かなり難しいことをしていました。

最後の「海帰」は、雄大な海と小さな泡(あぶく)を想わせる、
情景が見えてくるような素敵な曲でした。

ピアノ1本で、2時間近くをもたせるのは、一言ですごいです。
飽きさせることなく、あっという間に時間は過ぎました。

帰り道、お友達と感想を話しながら、自分の心に向かいました。

やっぱりシモシュさんと自分を比較します。

シモシュさんはこうだけど、私はどうする?と自問します。

あなたにとって、ピアノという楽器はなあに?
シモシュさんはああいいうふうに演じていたけど、あなたはどう弾く?
あなたはなんで音楽をやっているの?

答えは一応出ますが、恥ずかしいので書けません。

でも、いつか堂々と、パフォーマンスとともにこの答えをご披露できる日が
来ますように。





スポンサーサイト
立体万華鏡

以前「穴」や「のぞく」ことをテーマに工作を作った時に
立体万華鏡というものを知って工作キッドを購入して作ってみました。

思ったほど難しくなく、説明書の通りに作ったら初めてなのに
感動的なものができました!

これをどうにか綺麗に見せたい、ついでに音楽もつけたい! と
思って懐中電灯を下から当ててみたりしたのがこれです。
録画はスマートフォンです。小さい穴にスマホのレンズもちょうど
よかったです(*^_^*)

前回はFBに短めの動画でしたが、長めに撮ったものに音楽を付けて
ありましたので、こちらにアップします。






先日、たまたま聴いていたTBSラジオの「たまむすび」という番組で
赤江珠緒さんとカンニング竹山さんがある保育園の園歌の作曲を募集するというのです。

たまむすびtoppage


あれ?これは私にぴったりの話しだ!!

と思ってすぐに番組にメールをしました。

2週間ぐらいして、何の連絡も無いので諦めていたころ、
TBSの担当者から私の曲を番組内で紹介したいという電話が来ました!

11月10日の月曜日に、私を含めて4人の応募者が曲とともに
紹介されました(*^_^*)

他にも29名?の応募者があり、ちょっとしたコンペになるようです。

この日は、赤江珠緒さんが作詞も発表されました。
締め切りは11月いっぱい。

それから毎日、赤江さんの歌詞が頭を駆け巡っています。

朝からずっと、電車の中でも食事を作りながらも考えていたのですが、
いまいちピンと来なくて

「あー 他人の詞だと作れないのかなーー。」

と、うなだれていたのですが。。。。。

夜、お風呂からあがってピアノに向かってもう一度トライしてみると

するするとメロディーが浮かびました!

他のみなさんがどのように作詞作曲しているのかを知りませんが、
これって言葉やメロディのパズルを組み立てていくような作業だと
思っています。

最初が良くても最後の納まりが悪くなってしまうものや、
1番はよくても2,3番の詞と合わないとか、、、、

いい曲が出来た!と思う瞬間は、これがぴったり当てはまっていて、
少し時間をおいても忘れられないもの、

メモや楽譜を書かなくても、ソラで歌えるメロディが出来ると、
詞と曲がピッタリはまったのだと確信します(*^_^*)

後は録音するのみ!

まだ採用されたわけではないけれど、
お題を一つクリアできた嬉しさがあります。

他の方が同じ詞で、どんな曲を作ってくるのかを
聴くのが楽しみです。

私は「これしかない!」と思っても、
他の作曲者も違う「これしかない!」を持ってくるのですものね。

面白いなーーー。




先日のコンサートの画像を沢山いただいたので、自分が映っているものを
中心にピアノ目線でパフォーマンスを振り返ってみたいと思います。
(撮影者は駒田航さん)

◆オープニング:出演者登場シーン

 ここでは軽快な手拍子しやすいような音楽を。
 明るめのミュージカル音楽をイメージしました。

◆インプロ

 場面に合わせた音をつける。
 ※感情の種類がわかっている時はそのイメージ音を。
  (喜怒哀楽、うらみ、ねたみ、不安、ワクワクなど)

 ※場面設定の場合はその情景でよく鳴っているBGMを考えてみる
   例:病院=モーツァルト風のクラシック曲とか

 ※台詞を良く聞く!
   ピアノで台詞を消してはいけない。
   20141101インプロの説明(小)
画像はインプロについて説明しているところ。音を『抜く』ことも非常に重要!

◆段ボールシアター

 こちらでは鍵盤ハーモニカを使いました。

お話の雰囲気から「壊れかけた手回しオルガン」、「フランス風」をイメージしました。
登・退場部分だけにしたので、お話し中はお休み。
お話中も、薄く音があってもよかったなと思います。
20141101段ボールシアター1(小)
画像は普通にパフォーマンスを観覧中。かなりリラックスしてます。


◆幕間の司会者のおしゃべり、マジック

 この司会者はかなり芸達者で、幕間にマジックを披露しました。
 マジックのBGMといえば?
 → ポール・モーリアのオリーブの首飾り
    マンボNo.5 とか。。

 即興はその場で弾くので皆さんの知らない曲になることが多いので、
お決まり、定番も使ったほうが、お客様が安心することもある思います。
 自分の味を出したければそこから派生して変えていけばいいと思っています。。 
20141101司会者マジック3(小)


◆ギターと伴奏

 お二人のギターにどうピアノの音を乗せるか?
 ギターもコードを弾くので、ピアノも同じことをすると音がダンゴに
なって聞こえ、汚くなります。
 ピアノの役割は足りない部分を補うこと。
 ベース音とオブリガード(高音でメロディを引き立たせるライン)を
心がけました。
20141101ギターデュエット2(小)

20141101ギターとピアノ1(小)
お客様もすごく盛り上がっています(*^_^*)

◆エンディング 最後のご挨拶

 最後の演目「ともだちは海のにおい」が静かに雄大に終わったので、
その雰囲気で終わりにするのか、オープニングの同じような軽快に行くのか。
 結局1回目は静かに、2回目は軽快になった。

最後に出演者全員で集合写真。
ベリーダンスあり、ライアーという楽器の登場といい、盛りだくさんの
コンサートとなりました!

20141101出演者全員(小)


声優四重奏 カルテット おもちゃ箱
11月1日は下北沢のCom.Cafe音倉にて声優四重奏(カラフルボイス
というタイトルで4人の声優さんを中心にお仲間たちの
インプロ、朗読、段ボールシアター、ベリーダンス、ギターデュオ等の
パフォーマンスにご一緒させていただきました。

私は声優さんの世界を全くわかっていないので
事前知識もなく、リハーサルでも普通にお喋りして打ち合わせして
いたのですが、、本番のステージに上がっての、パフォーマンスの
安定感、質の高さ、自然体な様子、、、、、、
プロだな~~~と思ったのでした。

私も一応プロを名乗っているのですが、普段あまりに子育て主婦、
家に閉じこもっての地味~なパソコン作業をしているので、
こんな有名な方々と一緒に仕事をさせて頂けることが
嬉しい限りでした。

自分の特技に「即興」があって良かった!!

普通の伴奏ピアノだけだったら、こういう機会は
巡ってこなかったでしょう。。。

------------------------------------------------------------
それでは、その4人のお名前と主なお仕事を簡単にご紹介。

川田妙子さん ・・・  ドクタースランプ(則巻アラレ)
             ちびまる子ちゃん(土橋とし子)

大塚みずえさん ・・・ クレヨンしんちゃん(神田鳥忍)
              あたしンち(新井ナスオ)

山崎依里奈さん ・・・ 爆走兄弟レッツ&ゴー!! MAX(西条恵一)
              きかんしゃトーマス シリーズ(エミリー)

間宮くるみさん ・・・  とっとこハム太郎(ハム太郎)
              いないいないばぁっ!(うーたん)

そしてゲストに
西村 ちなみさん ・・・ おじゃる丸(坂ノ上おじゃる丸〈2代目)
              スマイルプリキュア! レッツゴー! メルヘンワールド
                   (青木れいか / キュアビューティ)

皆さん、個性的な声の持ち主たちで、普段の声とマイクに
向かった声のギャップに驚きます。

また、4人のお仲間たち、若い声優さんたちの
パフォーマンスも楽しくて声優界の層の厚み、
人材の豊富さを感じました。

こういう競争の激しい世界で生き残ってきた方々の
実力と度胸は半端ないです。

このような方々と切磋琢磨していいものを作り上げて
いけたらいいな~としみじみ思うのでありました。