FC2ブログ
かたつむり出来上がり

梅雨の季節の歌、「かたつむり」を歌おうと考えたときに、
またまたかたつむりの人形を作りたくなってしまいました。

前回と同じすき間テープを使ってみました。
白いスポンジテープが見つからなかったので、灰色の少し暗い色で残念ですが、
その代わり、渦巻きを強調する毛糸の色や、指をはめるビニールテープを
派手にすることで、可愛くできたかな。。。


みなさんは、かたつむりを触ったことはあるでしょうか?

見るのは平気だけど、手にとってみるのは少し気持ち悪いですよね。
調べてみると、寄生虫がいることがあるらしく、触った後は手を洗うようにと
書いてありました。

でもネロネロ移動する姿や、触覚をチョン!と触ると引っ込んだり、出てきたりするのは
子どもに体験させてみたいものです。


さて、私のリトミックはやたらと人形が多いですよね。
なぜでしょうか。

私が指人形を多様するのは、「指先を使う」訓練の一つと思うからです。

音楽を演奏する上で、指はかかせません。
お子さんが、今後ピアノに進むにして、笛やバイオリンにしても、指を動かさなければ
演奏できませんね。

ダンスにしてもそうです。クラシックバレエでも、指先の美しさがとても重要です。

指人形を使うことで指先に神経が集中し、楽しみながら指を使う訓練になります。

今回は、「かたつむり」の歌を歌いながら、かたつむり人形をノロノロ動かしてみましょう!!

かたつむりの材料


材料
すき間テープ 20cm
ビニールテープ 5cm
毛糸     10cm 2本 ←なくてもいいですが、あれば可愛くなります
花芯(ペップ)  1本 ←あれば便利です なければ糸の両端を玉結び5cmぐらい


作り方

1.材料を切っておきます。

2.ビニールテープは5cmに切ったら縦半分に折っておきます。

3.まずはかたつむりの渦を作ります。
  そのままでもいいのですが、渦を強調する場合はすきまテープの端っこに
  毛糸(糸の種類はなんでもいいのですが)を2本つけてから、
  巻いていきます。

4.3分の2ぐらいまで巻き上がったら、渦をギュッと押し付けて、スポンジをよく
  接着させます。

5.残った部分にビニールテープを輪にして付け、渦を巻いてギュッと接着させます。

6.最後に端っこの部分に触覚をつけます。
  今回もペップを使いました。
  ペップを二つおりにして先端につけ、すき間テープを縦に折り曲げて行きます。

7.顔部や渦の長さを調整して、最後も接着部分をギュッと押し付けて、しっかり止めます。

8.接着が弱いようでしたら、同じ色の糸で頭部や渦巻きが外れないように、
  縫い合わせてくださいね。

出来上がり!! (#^.^#)

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://mamma55.blog97.fc2.com/tb.php/16-5c38ac7e